ケビン・デュラント「パスを回しすぎ」

【PR】

今季のゴールデンステイト・ウォリアーズは美しいパッシングゲームで魅了し、得点を量産している。

一方で、ターンオーバーが目立つシーンがあり、それが相手に追い上げを許してしまうこともあるのだが、今季から新たに加わったケビン・デュラントはターンオーバーの要因に「過度なパス」を挙げたようだ。

デュラントはウォリアーズのパッシングゲームについて次のようにコメント。the San Jose Mercury Newsが伝えている。

「正直なところ、俺たちはパスを回しすぎ。(トロント・ラプターズ戦での)俺は最悪だった。3Pラインでワイドオープンだったのにボールを手放し、ターンオーバーにつながったりね。それは自分たちでコントロールできることなんだ」

「パスを回しすぎてるし、レーンに入って1本目、もしくは2本目でレイアップを打つ時に2つ3つのパスを選択してしまってる」

「俺たちはもっと良い仕事をしないと。だけど、良い課題なんじゃないかな。俺たちがアンセルフィッシュだってことを示してるしね」

ラプターズ戦では一時25点もの大量リードを奪ったものの、自らのターンオーバーでラプターズに追い上げを許してしまった。

これが改善されれば、ウォリアーズはより一層手の付けられないチームになるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】