ブルズ ガードのRJ・ハンターを解雇

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズがロスターの調整を行った模様。

RealGMによると、ブルズはシューティングガードのRJ・ハンターを解雇したという。

ハンターの解雇により、ブルズのロスターに登録されているプレイヤーは14名に。

残り1枠でどのプレイヤーを獲得するのだろうか。

ハンターは2015年のドラフト28位指名でボストン・セルティックスに入団。

今年の10月下旬にブルズと契約するも、ブルズでは3試合のみの出場に終わった。

なお、今季のハンターはブルズで3試合に出場し、合計9分のプレイで1リバウンドを記録。

ルーキーシーズンとなった昨季はセルティックスで36試合に出場し、平均8.8分のプレイで2.7得点、1.0リバウンド、0.4アシスト、FG成功率36.7%、3P成功率30.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA