カイル・コーバー キャブスへのトレードで合意

【PR】

アトランタ・ホークスとクリーヴランド・キャバリアーズの間でトレードが合意に至った模様。

The Verticalによると、ホークスはベテランシューターのカイル・コーバーをキャブスへトレードし、キャブスからマイク・ダンリービーjrと2019年のドラフト1巡目指名権を獲得するという。

JR・スミスが骨折で長期離脱中ということもあり、キャブスはアウトサイドシューターを求めていた。

スミスと比較してオフェンス力は劣るかもしれないが、アウトサイドシューターとして貴重なプレイヤーとなるだろう。

今季のコーバーは32試合に出場し、平均27.9分のプレイで9.5得点、2.8リバウンド、2.3アシスト、FG成功率44.1%、3P成功率40.9%を記録。

今季が契約最終年となっており、今年夏に完全FAになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】