【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「あのテクニカルファウルはクレイジー」

先日のシャーロット・ホーネッツ戦で、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックは本人が納得できないテクニカルファウルをコールされた。

ウェストブルックがレフェリーに向かってボールを投げたところ、そのボールがレフェリーの頭を直撃してしまい、テクニカルファウルをコールされたのだ。

ウェストブルックはこのコールを振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺は彼(レフェリー)の名前を呼んだんだ。彼は俺のほうに向かって右側に振り返った。何を話せば良いのか分からないけど、俺は本当に(わざと)やってない。俺はそんなタイプの男じゃない。あんなことをやってゲームを軽んじたりしたことはこれまで一度だってない。レフェリーにボールを投げつけたことなんて一度もない。これまで一度もやったことはない。テクニカルファウルのコールは、俺にとってクレイジーだよね」

テクニカルファウルをコールしたのはボールを投げつけられたレフェリー、トレ・マドックスではなく、それを見ていたレフェリー、ショーン・コービンだった。

コービンはテクニカルファウルをコールした理由を、こう説明したようだ。

「ラッセルは最も近くにいるオフィシャルにボールを渡したのではなく、トレがいた場所にボールを投げた。トレは見ていなかった。そして顔面にボールが当たった。それはテクニカルファウルだ」

試合は123-112でホームのホーネッツが勝利した。

ここ4試合中3試合を落としているサンダーの次の対戦相手は、ジェイムス・ハーデン率いるヒューストン・ロケッツ。

ウェストブルックはメンタル面を立て直し、かつてのチームメイトとのバトルに備えたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA