レブロン・ジェイムス「信頼できるバックアップポイントガードがいない」

【スポンサーリンク】

2016-17シーズン開幕前から、昨季王者のクリーヴランド・キャバリアーズはバックアップポイントガードの不足が指摘されていた。

ケイ・フェルダーというバックアップポイントガードがいるものの、フェルダーはルーキーであり、まだ多くを期待できるプレイヤーではない。

チームを牽引するレブロン・ジェイムスも、バックアップポイントガードの不足を嘆いているようだ。ジェームズのコメントをcleveland.comが伝えている。

「トレーニングキャンプの1日目から明らかだったよね。俺たちには信頼できるベテランのバックアップポイントガードがいないんだ」

「ケイは学んでるところ。彼はルーキーだし、ミスを犯すこともある。それは自然なことさ。彼にとってはタフなことだと思う。俺たちはチャンピオンシップ勝利を狙ってるフランチャイズだからね。彼は意欲的に学んでいかないといけない。でも、俺たちにはバックアップポイントガードがいないんだ」

キャブスはトレード期限までにポイントガード獲得に動く可能性があるが、ジェイムスが話したようにベテランポイントガード獲得を狙うと予想される。

トレードの噂が出ているベテランポイントガードといえばシカゴ・ブルズのラジョン・ロンドが思い浮かぶが、ロンドはこれまでフロントと問題を起こしてきているだけに、リスクを伴うかもしれない。

となると、かつてジェイムスとマイアミ・ヒートでプレイしたマリオ・チャルマーズに注目が集まる。

また、現在は中国リーグでプレイしているノリス・コールも一時はキャブス移籍が噂されていた。

いずれにせよ、今季中にはベテランのバックアップポイントガード獲得に動くだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA