ブレイザーズ タイソン・チャンドラーのトレード獲得を狙う?

【スポンサーリンク】

今季のポートランド・トレイルブレイザーズはディフェンスが課題のひとつとしている。

その課題を克服するため、トレード期限までにディフェンス力に定評のあるプレイヤー獲得を狙っているようだ。

ESPNによると、ブレイザーズはかつてディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたセンター、タイソン・チャンドラーのトレード獲得を狙っているという。

34歳のチャンドラーはかつてのようなパフォーマンスは失っているものの、インサイドのディフェンスでは脅威となれる存在。

フェニックス・サンズでもほとんどの試合で先発起用され、ロッカールームではリーダーシップを発揮している。

とはいえ、サンズはチャンドラーを重要なプレイヤーのひとりとして捉えており、今季中に手放す考えは現時点ではないようだ。

なお、今季のチャンドラーは29試合に出場し、平均27.3分のプレイで7.5得点、11.6リバウンド、0.6アシスト、0.4ブロックショット、FG成功率68.5%(キャリアハイ)、フリースロー成功率65.7%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算1015試合に出場し、平均28.4分のプレイで8.7得点、9.3リバウンド、0.8アシスト、1.2ブロックショット、FG成功率59.3%、フリースロー成功率64.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA