無断欠場のデリック・ローズ「チームやバスケとは関係ない」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスのデリック・ローズは、日本時間10日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦を無断で欠場した。

試合前、ニックスはローズの無事と所在を確認するために動き回ったというが、試合後にローズから連絡があったという。

そして、ローズは翌日のチーム練習に姿を現し、ペリカンズ戦を無断欠場した理由を説明したようだ。ローズのコメントをESPNが伝えている。

「家族の問題だった。チームやバスケットボールとは関係ない。あんなに感情的になったのは初めてだった。家族と一緒にいなきゃいけなかったんだ」

「起きてしまったこと。もちろん、俺はそんな(無断欠席するような)人間じゃない。チームメイトたちには説明した。チームを煩わせたくなかったとね。彼はには謝罪し、二度と同じことはしないと約束した」

「(無断欠席するのは)俺じゃない。これまでそんなことしたことがなかった。チームとフロントオフィスには説明した」

ニックスはローズに罰金処分を科したものの、出場停止処分は回避した。

ジェフ・ホーナセックHCは「連絡するべきだったが、家族の問題だから失望はしていない」とし、次戦もローズを先発起用する予定。

家族の問題であるため、詳細が明かされることはないだろう。

一方で、今回の問題がローズの次の契約に影響を及ぼす可能性があるとも噂されている。

とりあえずはローズの無事に胸をなでおろしたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA