レブロン・ジェイムス カイル・コーバーに「ボールを持ったら打て」

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズは先日、アトランタ・ホークスとのトレードでリーグを代表するシューターのひとりであるカイル・コーバーを獲得した。

35歳という年齢とはいえ、コーバーのアウトサイドショットは他チームにとって大きな脅威となるだろう。

一方で、キャブスのシステムにフィットするか否かという問題もある。

その問題を察してか、キャブスを牽引するレブロン・ジェイムスがコーバーにアドバイスを送った模様。ジェイムスのコメントをESPNが伝えている。

「俺が彼に最初に話したことは『(チームに)フィットしたいなら、ボールを持つたびにシュートを打て』ということさ」

JR・スミスを怪我で欠くものの、キャブスにはカイリー・アービングやケビン・ラブ、チャニング・フライなどアウトサイドショットを得意としているプレイヤーが多い。

これにコーバーが加わり、システムにフィットすることができれば、ジェイムスやアービングのドライブがより容易になるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読