レイカーズ ナーレンズ・ノエルのトレード獲得を計画か?

【PR】

若手中心のチームに生まれ変わったロサンゼルス・レイカーズは、ディフェンスがひとつの課題とされている。

この課題克服のため、ディフェンス能力の高いビッグマン獲得を狙うかもしれない。

the Sporting Newsによると、レイカーズはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのナーレンズ・ノエルのトレード獲得を検討しているという。

一方で、チームの将来を担うとされるディアンジェロ・ラッセルやブランドン・イングラム、ジュリアス・ランドルをトレードする考えはなく、現時点では将来のドラフト1巡目指名権とのトレードを狙っている模様。

だが、シクサーズはポイントガードのポジションに問題を抱えているため、即戦力となれるポイントガード獲得を狙うだろう。

シクサーズにはジョエル・エンビードやアーサン・イリヤソバ、ジャリル・オカフォーなどビッグマンが多く、ブレット・ブラウンHCもビッグマンの起用法に頭を悩ませている。

そのため、怪我から復帰したノエルにはトレードの噂が出ているが、現時点では複数のチームがノエルのトレード獲得に関心を持っているようだ。

なお、今季のノエルは11試合に出場し、平均14.7分のプレイで7.8得点、3.5リバウンド、0.4アシスト、1.2スティール、0.6ブロックショット、FG成功率60.0%、フリースロー成功率66.7%を記録。

キャリア3年では通算153試合に出場し、平均29.0分のプレイで10.3得点、7.8リバウンド、1.7アシスト、1.7スティール、1.6ブロックショット、FG成功率49.5%、フリースロー成功率60.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読