アンドリュー・ボガット「俺はトレードされるだろう」

【スポンサーリンク】

昨年夏のトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したアンドリュー・ボガットは、苦しい時間を送っている。

怪我の影響もあり、キャリアワーストのシーズンを過ごしているボガット。

約1カ月後に迫った期限を前にトレードの噂が浮上しているが、ボガット本人もトレードを覚悟しているのかもしれない。

ボガットは自身の現状について次のように告白。SB Nationが伝えている。

「俺は正直者。トレードされるかもってことを理解してる。たぶん動くことになるだろうね」

「俺からはトレードを要求してない。それが今の俺のベストの返答さ」

ボガットは今年夏にFAになるため、マブスとしてはトレードで放出し、見返りを得たいところだろう。

なお、マブスのリック・カーライルHCは日本時間15日、ボガットが右ハムストリングの負傷でしばらく離脱することを明かした。

今季のボガットは22試合に出場し、平均23.5分のプレイで3.0得点(キャリアワースト)、9.1リバウンド、2.0アシスト、1.0ブロックショット、FG成功率45.1%、フリースロー成功率27.3%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックス、ウォリアーズ、マブスでレギュラーシーズン通算666試合に出場し、平均29.2分のプレイで10.1得点、9.0リバウンド、2.3アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率53.4%、フリースロー成功率55.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA