【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「ヘッドコーチになる準備をしてる」

シカゴ・ブルズで苦しい時間を過ごしているラジョン・ロンドは、すでに将来へ向けて動いているようだ。

ロンドによると、ボストン・セルティックスを離れた当時からヘッドコーチになるための勉強を続けているという。

ロンドはヘッドコーチ職について次のようにコメント。the Chicago Tribuneが伝えている。

「ボストンを出た時からコートに準備を進めてるんだ。コーチ全員を研究してる。彼らの動きやタイムアウトのコール、タイムアウトの時の指示、練習方法、スピーチを観察してる。プレイヤーたちがどんなコーチに惹かれるのか見てるんだ」

「それが計画。引退後にしばらく離れたり、他の道を回ったりすることなくすぐにコーチになれると良いね。簡単な仕事じゃないことは分かってる。アシスタントを経験する必要があるなら、俺はそうするだろう。だけど、それが必要かどうかは俺には分からない」

現役引退後にヘッドコーチになった人物としては、ジェイソン・キッドとデレク・フィッシャーが挙げられるだろう。

キッドはヘッドコーチとしての手腕を発揮している一方で、フィッシャーはチームの成績とプライベートの事情などもあり、現在はコーチ職を離れている。

ロンドは偉大なヘッドコーチとなれるだろうか。

これまでコーチといざこざを起こしたことがあるだけに、プレイヤーの気持ちを理解できるヘッドコーチになれるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA