アイザイア・トーマス オールスター投票結果に「世界の終わりじゃない」

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスは昨季、自身初となるオールスターゲーム出場を果たした。

昨季のオールスターゲームはリザーバーとして出場したが、今季はキャリアベストのシーズンを送っているだけに、オールスターゲーム先発メンバー選出が期待されていた。

だが、オールスター先発投票結果は、イースタン・カンファレンスのガード部門3位。

先発初出場は逃してしまったわけだが、トーマスは特に気にしていない模様。トーマスのコメントをESPNが伝えている。

「残念だったけど、彼らはそれ(先発メンバー)に値する。スターターに選ばれるために俺にできることはすべてやった。だから、俺にコントロールできないことを気にすることはできない。世界の終わりじゃないんだから」

トーマスはおそらく今季もリザーバーとしてオールスターゲームに出場するだろう。

そして、先発にふさわしいプレイヤーであるということをコートで証明してもらいたい。

なお、今季のトーマスは38試合に出場し、平均34.0分のプレイで28.7得点(キャリアハイ)、2.7リバウンド、6.0アシスト、0.8スティール、FG成功率46.0%(キャリアハイ)、3P成功率38.5%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してサクラメント・キングス、フェニックス・サンズ、セルティックスでレギュラーシーズン通算403試合に出場し、平均29.6分のプレイで18.2得点、2.6リバウンド、5.1アシスト、1.0スティール、FG成功率44.0%、3P成功率36.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA