【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「俺が必要じゃないなら移籍を考える」

トレード拒否権を破棄し、他チームへの移籍が噂されていたニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーだが、フィル・ジャクソン球団社長と話し合い、今後もニックスでプレイし続けることを確認した。

だが、ニックスはアンソニー抜きでの再建プランを立てるのであれば、アンソニーはトレード拒否権を破棄するかもしれない。アンソニーのコメントをNewsdayが伝えている。

「彼ら(フロントオフィス)が違う方向に進みたい、未来のために再建を始めたいと感じてるなら、俺たちは話し合うだろう。彼らがすべてを一度壊したいと俺に伝えたら、俺は(移籍を)考えないといけないだろうね」

「ニューヨークで勝ちたい」とするアンソニーだが、ニックスのフロントオフィスの数人はアンソニーと袂を分かつべきという考えを持っているという。

トレード期限となる日本時間2月24日まで、アンソニーの周辺は騒がしくなりそうだ。

なお、今季のアンソニーは43試合に出場し、平均33.3分のプレイで22.3得点、6.0リバウンド、3.0アシスト、0.9スティール、FG成功率43.1%、3P成功率36.0%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算945試合に出場し、平均36.2分のプレイで24.8得点、6.6リバウンド、3.1アシスト、1.1スティール、FG成功率45.2%、3P成功率34.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA