【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「オールスター投票にセンター部門を復活させるべき」

NBAのオールスター先発投票は、フロントコート部門とガード部門に分かれている。

フロントコート部門から上位3名、ガード部門から上位2名がオールスターゲームの先発メンバーとなるわけだが、昨今のセンタープレイヤー不足を受け、2013年の投票からセンター部門が廃止された。

一方、ここ最近は優秀なセンタープレイヤーが増えつつあるのも事実だ。

将来を期待されているフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードもそのひとりだろう。

エンビード本人もそれを認識しており、オールスター先発投票にセンター部門を復活させるべきと訴えたようだ。エンビードのコメントをCSN Phillyが伝えている。

「リーグには才能あるビッグマンがたくさんいる。特にセンターのポジションにはね。それについてNBAは考えるべき。オールスター投票にセンター部門を復活させることを考えるべきだ」

エンビードはイースタン・カンファレンスのフロントコート部門4位となり、先発メンバーには選ばれたなかったが、センターポジションのプレイヤーとしてはイーストのフロントコート部門トップの票数を獲得。

また、ファン投票だけを見れば同部門3位という結果であったため、従来の方式であれば先発メンバーに選ばれていただろう。

この結果を受け、エンビードはこう話している。

「ファンが俺をサポートしてくれてることを示してるよね。だから(先発メンバー落選に)腹を立てるようなことはないよ。ファンが誰のことを大好きなのか示してくれるんだ」

先発メンバーには漏れてしまったとはいえ、リザーバーとして出場できる可能性も残されている。

NBAの各チームのヘッドコーチが選ぶオールスターゲームリザーバーは、日本時間27日に発表される予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA