クラッチショット連発のディオン・ウェイターズ「あの瞬間が大好き」

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートのディオン・ウェイターズが突如覚醒したかのようにクラッチショットを連発している。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で劇的な3Pショットを決めたかと思えば、次のブルックリン・ネッツ戦でも勝利をたぐり寄せる3Pを決めて見せたのだ。

2012年のドラフト4位プレイヤーであることを証明しつつあるウェイターズはネッツ戦でのクラッチショットを振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「ウェイン(・エリントン)にこう言ったんだ。『俺に(ボールを)くれ。欲しい』とね。彼は素晴らしい仕事をしてくれた」

「あの瞬間が大好きなんだ。ああいうショットを打つのを恐れることはできない」

「ああいうタイプの瞬間が大好き。プレッシャーをかけられ、プレイを成功させたいという瞬間がね」

ウェイターズの活躍もあり、ヒートは現在5連勝中。

イースタン・カンファレンス14位と低迷しているものの、プレイオフ復帰の望みが絶たれたわけではない。

ウェイターズにはヒートを牽引し、再興に貢献してもらいたいところだ。

なお、今季のウェイターズは26試合に出場し、平均30.2分のプレイで14.9得点、3.3リバウンド(キャリアハイ)、3.9アシスト(キャリアハイ)、0.8スティール、FG成功率41.1%、3P成功率37.9%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してクリーヴランド・キャバリアーズ、オクラホマシティ・サンダー、ヒートでレギュラーシーズン通算315試合に出場し、平均28.5分のプレイで13.0得点、2.6リバウンド、2.6アシスト、1.0スティール、FG成功率41.1%、3P成功率33.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA