【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド ブルズの不振に「金をもらってるなら受け入れられない」

2連敗後に2連勝し、勝率を5割に戻したシカゴ・ブルズだったが、日本時間26日に行われたアトランタ・ホークスに逆転負けを喫し、勝率は再び5割を下回った。

ジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドという2大スタープレイヤーを擁するものの、タイトルを狙えるチームになるにはサポーティングメンバーのステップアップが必須となるだろう。

それを最も実感しているのがウェイドのようだ。

ウェイドはブルズの現状について次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「俺はジミーを見て、ジミーは彼の仕事をまっとうしてると言うことができる。ジミーも俺を見て『ドウェインは彼の仕事をしてる』と言うと思うよ」

「俺たちのラインアップを見てくれ。シャッフルが多いよね。コーチは現時点で多くの選手をあてにできると感じてないんだ」

「NBAジャージーを着て、いくらか金をもらって何かをしたいなら、これは受け入れられない。俺たちがやってることはそれがすべてだ」

ホークス戦の終盤ではニコラ・ミロティッチとポール・ジプサーがオープンショットを放つシーンも見られたが、竸ってる場面ではバトラーもしくはウェイドが打つべきと考えているようだ。

「オープンショットを打つのは理解できる。だけど、あのシーンのような場面ではベストプレイヤーにボールを回さないとね」

ベテランポイントガードのラジョン・ロンドをベンチプレイヤーとし、マイケル・カーター・ウィリアムスを先発起用したフレッド・ホイバーグHCだが、ここのところはカーター・ウィリアムズを先発から外し、ジェリアン・グラントを先発させている。

プレイオフ進出を早く決めるためにも、安定した先発ロスターを見つめ出したいところだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA