【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス チャールズ・バークレーからの批判に「何の意味もない」

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスがロスターのさらなる補強を訴えたことを受け、辛口コメンテイターのチャールズ・バークレーは「キャブスは彼が求めるすべてを彼に与えた」などとジェイムスを批判した。

バークレーの批判はジェイムスの耳にも届いたようだ。

ジェイムスはバークレーの批判について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼はそう言わなきゃいけなかった。良い評価さ。この世界において、あれは意味がない。9歳でバスケットボールを始めてから、俺は常に戦ってる。だから、俺について質問することは一切できない」

「だけど、あれはチャールズだからね。彼は椅子に座って、ああいうことを言う男。だけど、結局のところはあれは問題ない。何の意味も持たない。昨晩は観ることさえしなかったよ」

大人な対応のようにも見えるが、ジェイムスのイラ立ちが伝わってくる。

ジェイムスが求めるプレイメイカーを獲得できれば、キャブスにはさらなる連覇のプレッシャーがかかることだろう。

バークレーの鼻を明かすべく、ジェイムスには圧倒的なパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA