【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC イスラム圏7カ国対象の入国禁止について「恐ろしい考え」

アメリカのドナルド・トランプ新大統領は、イスラム圏7カ国を対象に90日間の入国禁止措置にサインした。

その後、アメリカ永住権を有するものなど一部は対象外となったものの、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは入国禁止措置に断固反対の考えた。カーHCのコメントをESPNが伝えている。

「今回のことに私は断固反対だ。ショッキングなことだと私は思う。ひどいアイディアだ。影響を受ける方々を気の毒に思う。家族がバラバラにされてしまう。世界の安全を意味するものなのか、大きな観点で考えると心配だよね。完全に逆。テロ問題を解決したい。犯罪問題を解決したい。これはベストのやり方じゃない」

カーHCはウォリアーズの選手たちと国の問題について話をしたという。

なお、スーダン出身であるミルウォーキー・バックスのソン・メイカー、およびロサンゼルス・レイカーズのルオル・デンが入国禁止の対象となる可能性がある。

また、海外の優秀なプレイヤーをNBAでプレイさせることができなくなってしまう恐れもあるため、現時点で90日間という縛りはあるものの、NBAにも大きな影響が及んでしまうかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA