【スポンサーリンク】

ティモフェイ・モズゴフ「もっと強くならないといけない」

今季からロサンゼルス・レイカーズでプレイしているティモフェイ・モズゴフには、ディフェンスの底上げが期待されている。

だが、今季のモズゴフは波があり、安定したパフォーマンスを発揮できていないのが現状だろう。

それを実感しているのか、モズゴフは自身のパフォーマンスについて次のように言及。the O.C.Registerが伝えている。

「俺はもっと速く、フィジカルになって、周りの人間に倒していかないとね。誰かを殺すって意味じゃないよ。もっと強くなるって意味さ」

「自分の仕事をしないと。何が起きてるかは重要じゃない。コートには5人の男たちがいる。互いにもっと速く動かないといけない。誰が休もうが問題じゃない。男たちにとって重要なのは、後ろには常に誰かがいるってことを知ること。ハッスルすることが重要だ。もっと良いディフェンスをしたいなら、ディフェンスしたいと思わなきゃね」

今季のレイカーズは平均110.0失点を喫している。

これはリーグワースト4位となる数字だ。

レイカーズが古豪復活を成すには、ディフェンスの改善は必須だろう。

そのうえでもモズゴフにはディフェンスでの貢献と安定したパフォーマンスを期待したい。

なお、今季のモズゴフは49試合に出場し、平均20.9分のプレイで7.6得点、5.0リバウンド、0.8アシスト、0.5ブロックショット(キャリアワースト)、FG成功率51.0%、フリースロー成功率78.6%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してニューヨーク・ニックス、デンバー・ナゲッツ、クリーヴランド・キャバリアーズ、レイカーズでレギュラーシーズン通算418試合に出場し、平均18.5分のプレイで7.0得点、5.0リバウンド、0.6アシスト、0.9ブロックショット、FG成功率53.3%、フリースロー成功率73.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA