【スポンサーリンク】

ブルズ ジミー・バトラーのトレードをセルティックスと協議か?

昨年オフ、シカゴ・ブルズのジミー・バトラーにはトレードの噂が出ていた。

トレード先として浮上していたのは、ボストン・セルティックスだ。

このトレードは最終的に実現しなかったものの、2月のトレード期限までに成立する可能性があるようだ。

the Chicago Tribuneによると、バトラーのトレードをめぐり、ブルズとセルティックスが協議を再開する可能性があるという。

セルティックスはトレード要員としてマーカス・スマート、ジェイ・クラウダー、将来のドラフト指名権を提案しているとされている。

浮き沈みはあるものの、ブルズでリーディングスコアラーとして活躍しているバトラーだが、先日はチームメイトを批判するかのような発言をしていた。

一方、セルティックスにはカーメロ・アンソニーのトレード獲得という噂も出ている。

オールスターブレイク以降、バトラーはどのチームでプレイしているのだろうか。

なお、今季のバトラーは47試合に出場し、平均36.8分のプレイで24.5得点(キャリアハイ)、6.6リバウンド(キャリアハイ)、4.7アシスト、1.8スティール、FG成功率45.3%、3P成功率35.0%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算370試合に出場し、平均31.9分のプレイで15.0得点、4.8リバウンド、2.9アシスト、1.4スティール、FG成功率44.6%、3P成功率33.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA