デイビッド・グリフィンGM「レブロン・ジェイムスが残してる年を利用しないなら我々の恥」

【スポンサーリンク】

連覇を狙うクリーヴランド・キャバリアーズは、トレード期限までにプレイメイカーやビッグマン獲得に動くと噂されている。

レブロン・ジェイムスがキャブスのフロントオフィスにプレッシャーをかけており、チャールズ・バークレーはジェイムスを批判。

だが、キャブスのデイビッド・グリフィンGMはジェイムスがいる間に可能な限りタイトルを獲得したいと考えているようだ。グリフィンGMのコメントをThe Verticalが伝えている。

「前に何度か言ったけど、みんなにはベーブ・ルースのレガシーを負う責任があるよね。レガシーを発展させ、進化させることは我々の責任なんだ」

「彼(ジェイムス)が残してる年を利用しないなら、それは我々の恥だ」

一方、ジェイムスがフロントオフィスに代わる仕事をしているのではと報道されていることについては、グリフィンGMは怒りを覚えている模様。

「(ジェイムスのために)私は怒りを覚えることがある。彼はそのようなイメージが好きじゃない。彼がそのようなイメージを好んでると私は思わない。彼はプレイヤーでいたいと思ってる。彼は軍隊を牽引することを望んでる。彼がそれ以上のことをしようとしたことは一度もない。彼のことを思うと、本当にアンフェアな批判だ」

ジェイムスがキャブスでプレイし続ける限り、キャブスは妥協なく補強を遂行しているのだろう。

グリフィンGMの発言を聞く限り、トレード期限までに間違いなくロスター強化に動きそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA