【スポンサーリンク】

タージ・ギブソン「ジェイムス・ハーデンとの試合ではレフェリー・ホットラインを設けるべき」

シカゴ・ブルズは先日、ヒューストン・ロケッツに逆転負けを喫した。

ロケッツに逆転勝利をもたらしたのは、やはりジェイムス・ハーデンだろう。

オーバータイムに持ち込む同点弾を成功させたハーデンは、オーバータイムでも活躍。

得意のファウルをもらうプレイで、オーバータイムだけで5本のフリースローを成功させ、ロケッツを勝利に導いた。

一方、ブルズのタージ・ギブソンはレフェリーのコールに不満を感じているようだ。

ロケッツ戦を振り返ったギブソンは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(ハーデンは)彼のやり方でたくさんのコールをもらってたよね。いくつかバカげてたのもあった。“レフェリー・ホットライン”を設けるべきだったと思う。終盤にはいくつかラフなコールがあった。今夜、俺たちの何人かは学んだと思うよ」

どのファウルについて言及したかは分からないが、おそらくハーデンがマイケル・カーター・ウィリアムスの背中に乗り上げ、それがカーター・ウィリアムスのファウルになった場面だろう。

先発出場し、チームハイの23得点、9リバウンド、6アシスト、1ブロックショットを記録したカーター・ウィリアムスはこのファウルが6個目となり、コートをあとにした。

ハーデンはファウルをもらうプレイに長けてはいるものの、さすがにこのコールはアンフェアかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA