ジャバリ・パーカー 前十字靭帯断裂で1年の離脱

【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスのジャバリ・パーカーが、またしても前十字靭帯を断裂してしまった模様。

バックスによると、先日のマイアミ・ヒート戦で左膝を負傷したパーカーは、検査の結果、前十字靭帯を断裂していることが判明したという。

これにより、パーカーは約1年離脱する見込みだ。

パーカーはルーキーシーズンの2014年12月にも左膝の前十字靭帯を断裂。

約1年後に実戦復帰し、ヤニス・アンテトクンポと共にバックスを牽引していた。

パーカー本人は非常につらい思いだろうが、まだ21歳と若いだけに、再び豪快なパフォーマンスでバックスを牽引してもらいたい。

なお、今季のパーカーは51試合に出場し、平均33.9分のプレイで20.1得点(キャリアハイ)、6.1リバウンド(キャリアハイ)、2.8アシスト(キャリアハイ)、1.0スティール、FG成功率49.0%、3P成功率36.5%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算152試合に出場し、平均32.1分のプレイで15.8得点、5.6リバウンド、2.1アシスト、1.0スティール、FG成功率49.1%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA