【スポンサーリンク】

フィル・ジャクソン球団社長 チャールズ・オークリーを落ち着かせるためにマイケル・ジョーダンに電話か?

マディソンスクエアガーデンで行われた試合を観戦していたチャールズ・オークリーは、ニューヨーク・ニックスのオーナーであるジェイムス・ドーランに暴言を吐いたとし、退場処分を科せられた。

その後、暴力容疑や不法侵入容疑で逮捕されたオークリーだが、オークリーを落ち着かせようと試みたフィル・ジャクソン球団社長はマイケル・ジョーダンの助けを借りようとしていたようだ。

ESPNによると、オークリーが警備に連行されようとした際、ジャクソン球団社長はジョーダンに電話をかけ、オークリーを落ち着かせるように頼んだという。

だが、ジョーダンがオークリーに電話をかけた時にはすでに逮捕され、携帯電話を没収されていたため、連絡を取ることはできなかった模様。

ジョーダンとオークリーはシカゴ・ブルズ時代に共にプレイした経験があり、ウィザーズで現役復帰した際、ジョーダンはオークリーをウィザーズに勧誘したほどの仲だ。

とはいえ、ジョーダンが電話をかけたとしてもオークリーの怒りは収まらなかっただろう。

なお、ニックスのファンをはじめ、レブロン・ジェイムスやクリス・ポールなど多くのプレイヤーはオークリーを支持する意思を表明している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA