【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC ブランドン・イングラムに「ただのプレイメイカーであってほしくない」

若手有望株を豊富に揃えるロサンゼルス・レイカーズは、長期的な再建計画を立てている。

その中心となるであろうひとりが、ルーキーのブランドン・イングラムだ。

まだ線が細く、当たり負けすることも多いイングラムだが、今季からレイカーズを指揮するルーク・ウォルトンHCは高く評価している。

ウォルトンHCはイングラムに期待を込め、次のようにコメント。the Orange County Registerが伝えている。

「ブランドンには(ヤニス・アンテトクンポのような)オールラウンダーになってもらいたい。ただのスコアラー、ただのプレイメイカーにはなってもらいたくない。ブロックショットし、スティールし、リバウンドし、スコアリングし、アシストする。そんな男のひとりになってもらいたい。それが我々のビジョンなんだ」

デビュー当初はベンチから出場し、ポイントガードのポジションでプレイしていたイングラムだが、ここ最近は先発起用され、スモールフォワードのポジションを任されている。

いろんなポジションで経験を積むことにより、リーグを代表するオールラウンダーに成長してくれるだろう。

なお、今季のイングラムは56試合に出場し、平均27.6分のプレイで8.1得点、4.1リバウンド、1.9アシスト、0.4スティール、0.4ブロックショット、FG成功率36.7%、3P成功率30.3%、フリースロー成功率66.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA