【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント ラッセル・ウェストブルックとの関係について「メディアが捻じ曲げた」

昨年夏にゴールデンステイト・ウォリアーズと契約したケビン・デュラントが、いよいよ移籍後初となるチェサピーク・エナジー・アリーナ凱旋試合に臨む。

ウォリアーズ移籍当時、ラッセル・ウェストブルックとの不仲をメディアが報じ、それ以来両者に注目が集まっている。

だが、雪解けは近いのかもしれない。

デュラントはウェストブルックとの不仲報道を伝えたメディアに対し、次のように指摘。ESPNが伝えている。

「シーズン直後から分かってたよ。フェイクドラマさ。誰かとインタビューした時、俺は『アンセルフィッシュ』という言葉を使った。ここのチームメイトたちについて話すためにね。そしたら誰かがラッセルに質問した。まるで俺がサンダーと組織のことをアンセルフィッシュと言ったかのように、彼は答えた。それを聞いて思ったよ。『彼ら(メディア)は大ごとにしようとしてる』とね」

「ラッセルは明らかに俺のインタービューをすべて見てない。俺が彼(サンダー)のことをセルフィッシュと言ったかのように、メディアは伝えた。簡単なことさ。何かを捻じ曲げ、俺たちにの間に確執を生じさせることはメディアにとって簡単なことだ」

おそらくウェストブルックも同じ気持ちでいることだろう。

オールスターでは共にウェスタン・カンファレンスのメンバーとしてプレイするデュラントとウェストブルック。

これをきっかけに、二人は友情を取り戻すことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA