足首捻挫のランス・スティーブンソン 数週間の離脱へ

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズと10日間契約を結んで4試合目、ランス・スティーブンソンはThe Minneapolis Star Tribune.足首を捻挫し、離脱を余儀なくされた。

MRI検査の結果、グレード2の足首捻挫であることが判明し、数週間の離脱が見込まれるというスティーブンソンだが、1度目の10日間契約はオールスターブレイク中に満了となる。

グレード2の足首捻挫と診断された場合、靭帯を部分断裂している可能性もあるが、ウルブズは詳しい結果を明かしていない。

2度目の10日間契約については熟考しなければならないが、ウルブズのトム・ティボドーHCはスティーブンソンについて次のように言及。The Minneapolis Star Tribuneが伝えている。

「(2度目の10日間契約については)分からない。彼の反応を見なければならないだろうね。彼がここに来てからやってくれたことを、私は気に入ってる」

スティーブンソンはニューオーリンズ・ペリカンズでプレイした今季前半も、怪我で離脱。

ペリカンズはスティーブンソンを解雇し、アーチー・グッドウィンと契約した。

インディアナ・ペイサーズ時代はMIP候補にも挙がったスティーブンソン。

怪我を完全に回復させ、再びコートで暴れまわってもらいたい。

なお、スティーブンソンはウルブズで4試合に出場し、平均12.3分のプレイで4.3得点、1.8リバウンド、0.8アシスト、FG成功率47.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA