ロケッツ KJ・マクダニエルズをネッツへトレード

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツとブルックリン・ネッツの間でトレードが成立した模様。

The Verticalによると、ロケッツはキャリア3年目のKJ・マクダニエルズをネッツへ放出し、ドラフト2巡目指名権を獲得するという。

また、マクダニエルズをトレードで放出したことにより、ロケッツのサラリーキャップに300万ドル程度の余裕が出るようだ。

一方、ネッツのロスターにはすでに上限となる15選手が登録されていたが、マクダニエル獲得に伴い、先日のトレードで獲得したマーカス・ソーントンを解雇した。

なお、今季のマクダニエルズは29試合に出場し、平均7.3分のプレイで2.8得点、1.0リバウンド、0.1アシスト、FG成功率45.6%、3P成功率33.3%を記録。

キャリアを通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズとロケッツでレギュラーシーズン通算128試合に出場し、平均14.1分のプレイで5.1得点、2.1リバウンド、0.7アシスト、FG成功率40.4%、3P成功率29.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA