【スポンサーリンク】

ブルズ 今年オフシーズンにラジョン・ロンドをトレードか?

プレイオフ進出を逃したシカゴ・ブルズは古豪復活へ向け、元オールスターポイントガードのラジョン・ロンドを獲得した。

だが、ロンドはシーズン途中から先発を外されると、トレードの噂が浮上。

期限までにトレードは成立しなかったが、ブルズはロンドをトレード要員として見ているのかもしれない。

Chicago Tribuneによると、ブルズはロンドをバイアウトせず、オフシーズン中のトレード要員として考えているという。

また、オクラホマシティ・サンダーとのトレードで獲得したキャメロン・ペインを育てていくともされている。

つまり、今後はペインが先発ポイントガードとして起用され、ロンドやマイケル・カーター・ウィリアムスはベンチ起用となるのだろう。

キャリア復活が期待されたロンドだが、その道のりはまだまだ長そうだ。

なお、今季のロンドは49試合に出場し、平均26.3分のプレイで6.5得点、5.2リバウンド、6.6アシスト、1.3スティール、FG成功率37.5%(キャリアワースト)、3P成功率31.3%を記録。

キャリアを通してボストン・セルティックス、ダラス・マーベリックス、サクラメント・キングス、ブルズでレギュラーシーズン通算694試合に出場し、平均32.4分のプレイで10.6得点、4.9リバウンド、8.6アシスト、1.8スティール、FG成功率46.3%、3P成功率29.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA