デビン・ブッカー「PJ・タッカーにトレードはないと言った30秒後にトレードされた」

【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズでプレイしていたPJ・タッカーには、先日のトレードでトロント・ラプターズやニューヨーク・ニックス、ボストン・セルティックスが興味を持っていた。

期限直前までトレードの発表がなかったため、タッカーは少なくとも今季終了までサンズでプレイするかと思われたが、直前になってトレードが成立。

サンズのデビン・ブッカーは期限ぎりぎりまでトレードが実現しなかったため、タッカーと共にプレイできると思っていたようだ。ブッカーのコメントをthe Pac-12 Networkが伝えている。

「彼(タッカー)にこう言ったんだ。『君はどこにも行かなかったね』とね。(トレードの発表は)その30秒後だったよ」

トレードを目の前で知ったブッカーはさぞ驚いたことだろう。

サンズのフランチャイズプレイヤーとしての成長が期待されているブッカーだが、トレードされる仲間の表情を目の前で見ることができたのは良い経験となったかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA