【スポンサーリンク】

デリック・ローズ「練習では3Pショットを打ってる」

今季のデリック・ローズは、3Pショットのアテンプト数が極端に減少している。

もちろんシカゴ・ブルズからニューヨーク・ニックスに移籍したことも影響しているだろうが、昨季は66試合で150本の3Pを放ったのに対し、今季は53試合でわずか57本。

2Pのアテンプト数は昨季と同等のペースであることから、3Pショットアテンプトが減少しているのは明らかだ。

そのため、ニックスの首脳陣はローズにもっと3Pショットを打つよう求めているという。

この件について、ローズは次のようにコメント。the New York Postが伝えている。

「俺はまだ3Pショットを打ってない。プレイオフから打ち始められると良いね。そこにたどり着くにはたくさんの犠牲と献身が必要になるだろう。俺はシーズンを通して自分のゲームにピースを加えようとしてるんだ」

「練習では3Pを打ってるよ。ゲームでは効率的にやらないといけない。それが今俺がやろうとしてること。今の俺にとって効率的な方法はミッドレンジなんだ」

日本時間3月4日に行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦でも3Pアテンプト0本に終わったローズだが、ローズの3Pショットが加われば、ニックスのオフェンスはさらに厚みを増すことだろう。

なお、今季のローズは53試合に出場し、平均32.5分のプレイで17.7得点、4.0リバウンド、4.4アシスト、FG成功率46.2%、3P成功率22.8%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算459試合に出場し、平均34.7分のプレイで19.5得点、3.7リバウンド、6.0アシスト、FG成功率45.0%、3P成功率29.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA