元ウォリアーズのジョーダン・クロフォード ペリカンズと10日間契約へ

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスでプレイした2013-14シーズンを最後に、シューティングガードのジョーダン・クロフォードはNBAから遠ざかっている。

そのクロフォードがようやくNBAに復帰できるようだ。

ESPNによると、ガード陣のアップグレードを求めるニューオーリンズ・ペリカンズがクロフォードと10日間契約を結ぶ予定だという。

クロフォードは2013-14シーズン後、中国やDリーグでプレイしていた。

スコアリング能力に定評あるクロフォードには、ペリカンズでもオフェンスオプションのひとりとなるよう期待したいところだ。

なお、ウォリアーズでNBAで最後にプレイした2013-14シーズン、クロフォードはウォリアーズとセルティックスで合計81試合に出場し、平均23.0分のプレイで11.0得点、2.3リバウンド、3.5アシスト、FG成功率41.5%、3P成功率31.6%を記録。

キャリアを通してアトランタ・ホークス、ワシントン・ウィザーズ、セルティックス、ウォリアーズでレギュラーシーズン通算257試合に出場し、平均24.7分のプレイで12.2得点、2.6リバウンド、3.2アシスト、FG成功率40.5%、3P成功率30.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA