【スポンサーリンク】

ラリー・ブラウン「トライアングルを続けるならフィル・ジャクソンがコーチすべき」

ニューヨーク・ニックスのジェフ・ホーナセックHCは、今季の残りはトライアングルオフェンスを取り入れ、フィットするプレイヤーとそうではないプレイヤーを見極めることを明かした。

つまり、来季もトライアングルオフェンスを継続するということだろう。

一方、かつてニックスを指揮したこともあるラリー・ブラウンは、トライアングルオフェンスを継続するならフィル・ジャクソン球団社長が自らコーチすべきと考えている模様。ブラウンのコメントをESPNが伝えている。

「知っての通り、コーチたちは確立したスタイルを持ってて、そのスタイルで成功してる。彼(ホーナセックHC)に彼のスタイルでプレイさせろ。彼が良いと思ってるスタイルでね」

「我々のスポーツ史上偉大なコーチのひとりについて話してる。彼にコーチさせろ。もし彼(ジャクソン)がトライアングルオフェンスを求めるなら、彼にコーチさせ、それからみんなに教え、快適にプレイできるようにしていくべきだ」

ホーナセックHCはアップテンポなスタイルを得意としている。

トライアングルオフェンスに不快感を示しているカーメロ・アンソニーなどは、シーズン前にホーナセックHCのアップテンポなスタイルを称賛していたことから、現在のスタイルにはがっかりしていることだろう。

フロントオフィスとプレイヤーたちがひとつにならない限り、ニックスの混乱は続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA