MVP有力候補のジェイムス・ハーデン「チームの成績も考慮すべき」

【スポンサーリンク】

2016-17シーズンのMVPレースは、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデン、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムス、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナード、ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスを中心に展開されるだろう。

中でもウェストブルックとハーデンが最有力候補だ。

歴史的なスタッツを残しているウェストブルックと、新たなスタイルでチームを勝利に導いているハーデン。

どちらもMVPにふさわしいパフォーマンスを続いているが、ハーデンは自身のMVP選出を切望しているようだ。

MVP選考基準について、ハーデンは次のようにコメント。the Houston Chronicleが伝えている。

「(MVPを受賞するには)本当に、本当に良いシーズンを送らなければならない。個人的にそう思ってる。ただ、所属するチームがカンファレンスにおいてトップチームのひとつでないとね。そして、そのチームにとってプレイヤーがどれほど重要なのか見てくれ。そのチームからプレイヤーを除いても、そのチームは良いチームなのか、プレイオフを戦えるのか」

「それらすべてを含めて考える。間違いなく、勝たないといけない。そして、信じられないようなシーズンを送っていないといけないんだ」

ウェストブルックは素晴らしいスタッツを記録している一方で、セルフィッシュなプレイも見られる。

一方のハーデンは、自身の力でスコアリングしながらも、絶妙なアシストでチームメイトたちをサポートしている。

今季のMVP投票はここ数年でもっとも難しい選考となりそうだ。

ちなみに、ブックメーカー大手のウィリアムヒルは2016-17レギュラーシーズンMVP予想でハーデンに1.80倍、ウェストブルックに2.20倍にオッズを付けている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA