ジョン・ウォール「今のリーグはソフト」

【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーやシャキール・オニールなど多くのレジェンドは、今日のリーグを“ソフト”と形容している。

かつてのような肉弾戦やトラッシュトークは影を潜めていることが“ソフト”とされる所以だが、ルールの変更によるところも大きいだろう。

だが、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは現在のリーグを異なる側面から“ソフト”と感じているようだ。ウォールのコメントをCSNmidatlantic.comが伝えている。

「今のリーグは少しソフトになった。男たちは(健康な状態でも)座って休む。コーチの決定だということは俺も分かってる。コーチや医師の言うことには逆らえないからね」

「俺や座って休みたいタイプの男じゃない。ファンに対して義務があると思うんだ。彼らは俺たちのプレイを観るためにお金を払ってるからね。プロはコートに出て戦うものさ。怪我していないなら、プレイできるんだ」

過去には怪我による長期離脱を経験したことがあるだけに、コートでプレイできる喜びも感じているのかもしれない。

先日のサンアントニオ・スパーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦では多くのスタープレイヤーが欠場し、スタジアムを訪れたファンを落胆させた。

特に遠方から訪れたファンは、スタープレイヤーの欠場に絶望にも似た感情を抱いたことだろう。

来季からタイトなスケジュールは減少するものの、この問題の解決に至ることはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA