ドレイモンド・グリーン ディアンジェロ・ラッセルの逃げ腰に「イライラした」

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズのニック・ヤングとディアンジェロ・ラッセルは、先日のミルウォーキー・バックス戦で退場処分を科せられた。

ヤングはマルコム・ブログドンを激しく突き押すと、グレッグ・モンローがヤングに突進して押し返し、そのモンローをラッセルが突き飛ばした。

だが、ラッセルはモンローを一度突き飛ばしただけで、あとは乱闘の輪に加わるのを避けていたようにも見える。

ブランドン・イングラムやラリー・ナンスJr、イビチャ・ズバッツが激しく怒り狂う様子を見て逆に冷静になったのだろうか。

それとも乱闘に怖気づいてしまったのだろうか。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンの目には後者と映っていたようだ。グリーンのコメントをCSNが伝えている。

「彼はあの中に加わりたくなかったように見える。本当にイライラしたよ」

一方、ルーク・ウォルトンHCは一定の評価を下しているようだ。

「あの中に入り、チームメイトのために突き飛ばした。私はディアンジェロを誇りに思うよ」

いずれにせよ、久しぶりにレイカーズの闘争心を見ることができた。

闘争心を前面に出すことがあまりなかったレイカーズだが、これをきっかけに気迫あふれるパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読