ジョエル・エンビード「キャリア終盤はポイントガードとしてプレイしたい」

【スポンサーリンク】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、インサイドだけでなくアウトサイドでも勝負できるビッグマンだ。

ボールハンドリングにも優れ、今後のNBAを牽引していく逸材として注目されているが、すべてのポジションでプレイしたいと思っているようだ。

エンビードは自身のキャリアプランについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「キャリア終盤までにはポイントガードとしてプレイしたいんだ」

相手ディフェンダーを引き寄せるだけのオフェンスを持っているエンビードだが、ポイントガードのポジションでプレイするにはもっとプレイメイキングを学ばなければならないだろう。

エンビードのキャリアはまだまだ長い。

まずは健康な身体を取り戻し、新たな境地開拓に向けて進んでもらいたい。

なお、今季のエンビードは31試合に出場し、平均25.4分のプレイで20.2得点、7.8リバウンド、2.1アシスト、2.5ブロックショット、FG成功率46.6%、3P成功率36.7%、フリースロー成功率78.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA