カーメロ・アンソニー「他の誰かの状況を見る必要はない」

【スポンサーリンク】

2003年のドラフト3位プレイヤーであるカーメロ・アンソニーは、リーグを代表するスコアラーに成長したものの、いまだタイトルを獲得できていない。

同時のレブロン・ジェイムス(ドラフト1位)、クリス・ボッシュ(同4位)、ドウェイン・ウェイド(同5位)はすでにタイトルを複数回獲得しているだけに、アンソニーも彼らに並びたいところだ。

だが、アンソニーは同期の経歴を気にしないよう心掛けている模様。アンソニーのコメントをESPNが伝えている。

「NBAファイナルにたどり着きたい。他の誰かの状況を見る必要はない。『ああ、ダメだった』『ああなりたい』『ああならなくちゃ』そういうことさ」

「俺は自分に誇りを持ってる。ああいう状況になれたら良いね」

昨季を32勝50敗で終えたニックスは、再建を狙ってデリック・ローズやジョアキム・ノア、コートニー・リー、ブランドン・ジェニングスを新たに加えた。

だが、狂いだした歯車は噛み合うことなく、現在27勝43敗。

昨季の成績越えさえ危うい状況だ。

3シーズン連続でプレイオフ進出を逃しているアンソニーは、さぞかし歯がゆい思いをしていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA