チャールズ・バークレー スタープレイヤーの休養に「ファンはボイコットすべき」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCがレブロン・ジェイムス、カイリー・アービング、ケビン・ラブに同時に休養を与えて以来、スタープレイヤーの休養欠場についての議論が白熱している。

多くのレジェンドもスタープレイヤーの休養欠場を疑問視する中、チャールズ・バークレーもそれに続いたようだ。

バークレーはスタープレイヤーの休養欠場について次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「俺はNBAに30年いた。そしたら、今になって突然問題が出てきた。より良いシューズ、プライベートジェット機とか。今になって突然出てきたんだ。怪我に対する懸念もね」

「彼らにメッセージを送るため、ファンはゲームをボイコットすべきだと思う、テレビを見るのをボイコットすべきだと思う。ファンはお金のことを理解してるからね」

「今のプレイヤーたちはプライベートジェット機でフライトし、素晴らしい睡眠をとり、素晴らしい食事を摂ってるよね。彼らは2000~3000万ドル稼いでる。2、3試合プレイできないって?馬鹿げてるよ」

スタープレイヤーたちに休養を耐えるのはあくまでプレイオフを勝ち進むためであり、休養を与えたいから与えているわけではない。

とはいえ、来季からスタートする新たなテレビ契約に悪影響を及ぼす可能性があるのはもちろん、リーグ全体の収益にも影響が及ぶことになるだろう。

どちらが正しいのかは分からないが、スタープレイヤーに休養を与えるという戦略は来季も続きそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA