ライアン・アンダーソン 右足首捻挫で2週間離脱へ

【PR】

ヒューストン・ロケッツのベテランシューター、ライアン・アンダーソンが、2週間の離脱を余儀なくされる模様。

ESPNによると、アンダーソンは検査を受けた結果、右足首を捻挫していることが分かったという。

アンダーソンは先日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦でデマーカス・カズンズと接触した際に右足首を負傷。

日本時間26日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦は欠場した。

ロケッツのマイク・ダントーニHCはアンダーソンについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「重要なのは、彼がプレイオフ前に2、3試合プレイできるということ。その予定だ。急がせたりはしない。我々はどんなことでもやる。早く復帰できると良いね」

今季のアンダーソンは68試合に出場し、平均29.8分のプレイで13.5得点、4.7リバウンド、0.9アシスト、FG成功率41.4%、3P成功率39.8%を記録。

キャリアを通してニュージャージ・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)、オーランド・マジック、ニューオーリンズ・ペリカンズ、ロケッツでレギュラシーズン通算552試合に出場し、平均26.5分のプレイで13.1得点、5.5リバウンド、0.9アシスト、FG成功率42.2%、3P成功率38.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読