パトリック・ビバリー スタープレイヤーの休養欠場に「リーグの恥」

【スポンサーリンク】

プレイオフを万全な状態で戦うため、スタープレイヤーに休養を与え、故意に欠場させる戦略をとるチームもある。

最近で言えば、クリーヴランド・キャバリアーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、サンアントニオ・スパーズが代表されるだろう。

スタープレイヤーの休養欠場はアダム・シルバーも問題視しており、多くのレジェンドも疑問視しているが、ヒューストン・ロケッツのパトリック・ビバリーも納得できないようだ。ビバリーのコメントをESPNが伝えている。

「ふざけるなって思うよね。このリーグの恥だと思う。ファンはその見返りを得るに値するんじゃないかな。プレイするかしないかは選手次第。もしプレイしないなら、それはゲームを軽視してるということだ」

「ゲームを軽視するのは良いことじゃない。俺はNBAでプレイしてなかった時間があったし、ここに来るまで努力した。だから、休むということは俺にとって自分を軽視すること、ジャージーの前面のネームを軽視すること、ジャージーの背面のネームを軽視することにもなるんだ」

スタープレイヤーの休養欠場については現役プレイヤーの間でも意見が分かれてる。

この問題については長い時間をかけて議論し、最善策を導き出さなければならないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA