セルティックス タイトル獲得10周年記念祝賀会にレイ・アレンは招待しない?

【PR】

2008年にNBAチャンピオンに輝いたボストン・セルティックスにとって、来季はタイトル獲得10周年という記念すべきシーズンとなる。

セルティックスはポール・ピアースやケビン・ガーネット、ラジョン・ロンドなど当時のセルティックスを牽引したプレイヤーを招き、共に祝う予定となっているが、その祝賀会にレイ・アレンは呼ばれないかもしれない。

The Undefeatedによると、セルティックスはアレンのみ祝賀会に招待しないという。

その最大の理由は、アレンが当時のライバルであったマイアミ・ヒートに移籍したことだ。

移籍したアレンに対し、ピアースやガーネットは明らかに敵対心を示し、タイトル獲得を共に成し遂げた彼らの関係は一瞬にして崩れ去った。

セルティックスはアレンを迎えることなく祝賀会を執り行うのだろうか。

なお、当時のメンバーである“ビッグベイビー”ことグレン・デイビスは、次のように指摘している。

「レイは招待されるべきだ。議論の余地はない。彼はあのチームにおいて大きな一部だった。あの男を招待すべきだ。それに俺もレイにすごく会いたい。長く会ってないからね」

デイビスによると、ロンドの成長につれ、ピアース、ガーネット、アレンの関係性に変化が生じたという。

また、当時のドック・リバースはロンドに対し、アレンではなく、ピアースにボールを回すよう指示していたため、これもアレンがセルティックス離脱を決めた一つの要因となったと明かしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】