【スポンサーリンク】

ザザ・パチュリア「このシーズンを終わらせたくない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのザザ・パチュリアの契約は、今季終了後に満了となる。

ウォリアーズがパチュリアと再契約するか否かはプレイオフでのパフォーマンスを見て決めると思われるが、少なくともパチュリアはウォリアーズ残留を希望しているようだ。パチュリアのコメントをthe San Francisco Gateが伝えている。

「このシーズンを終わらせたくない。この夏の去就のことを聞かれたら、俺はこう答えてるんだ。『俺はどこにも行かない。ここにいるよ』とね。6月以降もここにいるよ」

サラリーキャップの上昇に伴い、より多くのサラリーを求めるFAプレイヤーが増えると予想されるが、ウォリアーズはケビン・デュラントやステフィン・カリーなどとの再契約を視野に入れなければならない。

もしタイトル獲得を逃すようであれば、ロスターに手を加えることもあるだろう。

実際、ウォリアーズは昨年夏にハリソン・バーンズやアンドリュー・ボガットなど多くのプレイヤーを放出した。

つまり、パチュリアにとってプレイオフは去就をかけた戦いとなるかもしれない。

なお、今季のパチュリアは61試合に出場し、平均18.3分のプレイで6.3得点、6.0リバウンド、1.9アシスト、FG成功率53.7%(キャリアハイ)、フリースロー成功率76.3%を記録。

キャリアを通してオーランド・マジック、ミルウォーキー・バックス、アトランタ・ホークス、ダラス・マーベリックス、ウォリアーズでレギュラシーズン通算952試合に出場し、平均21.3分のプレイで7.1得点、6.0リバウンド、1.3アシスト、FG成功率46.5%、フリースロー成功率74.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA