PJ・タッカー ランス・スティーブンソンについて「誰なのか知らない」

【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズのランス・スティーブンソンは日本時間5日のトロント・ラプターズ戦終了間際、すでに勝利が決していたにも関わらずレイアップを決めた。

リーグには暗黙のルールというものがあり、すでに試合が決まっている時はボールをキープし、ショットクロックバイオレーション、もしくは試合終了のブザーを待たなければならない。

だが、ファンからの声援に応えたかったのか、スティーブンソンはレイアップを決めてしまった。

これに激高したのがPJ・タッカーとダマー・デローザンだ。

スティーブンソンの行為について、ドウェイン・ケーシーHCは「二流」、デローザンは「ゲームに対して礼を欠いてる」と厳しく指摘。

一方、最も激高したタッカーはスティーブンソンを次のように批判。Vigilant Sportsが伝えている。

「彼の評判なんて誰も気にしてない。俺は彼が誰であるかさえ知らない。リーグに戻って来られてハッピーなんだろうね」

当のスティーブンソンは自らの過ちを認め、ラプターズに謝罪したという。

「彼らにはただ謝罪したい。悪意はなかった。群衆が俺を応援してくれて、俺はファンに応えたかったんだ」

ペイサーズファンはスタンディングオベーションでスティーブンソンの復帰を祝ったということもあり、スティーブンソンは舞い上がっていたのだろう。

とはいえ、先日のジャベール・マクギーの件もあるため、、暗黙のルールを再度周知させなければならないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA