ジェイソン・テリー「MVPはラッセル・ウェストブルック」

【PR】

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックは、先日のミルウォーキー・バックス戦で今季41回目のトリプルダブルを記録し、オスター・ロバートソンが1961-62シーズンに樹立したNBA記録に並んだ。

6日のメンフィス・グリズリーズ戦ではトリプルダブルまであと1リバウンドに迫るも、新記録樹立はならず。

だが、残りの試合で新記録が誕生する可能性は極めて高い。

一方で気になるのは、今季のMVPの行方だ。

ジェイムス・ハーデンとウェストブルック、どちらかが受賞すると予想されるが、バックスのジェイソン・テリーはウェストブルックのほうがMVPにふさわしいと感じているようだ。

サンダー戦を終えた後、テリーはウェストブルックについて次のようにコメント。CNHI Oklahomaが伝えている。

「今夜、彼はMVPであることを刻み付けた。彼はMVPだ。疑うまでもないよ」

「あんな偉業を達成したんだ。どうやったらMVPに選ばれないんだい?つまり、彼が自分の力で稼いでのさ」

果たしてどちらがMVPを受賞するのだろうか。

なお、両者のスタッツは以下の通りだ。

※スタッツは5日時点

 ラッセル・ウェストブルックジェイムス・ハーデン
出場試合数7776
平均出場時間34.736.5
平均得点31.629.2
FG成功率42.544.1
3P成功率34.034.4
FT成功率84.385.2
平均リバウンド10.78.1
平均アシスト10.411.2
平均スティール1.71.5
平均ブロックショット0.40.4
平均ターンオーバー5.45.8
チーム成績45-3352-25

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読