レブロン・ジェイムス ロンゾ・ボールのシュートフォーム真似報道を否定

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは先日のシュートアラウンド時に、ロンゾ・ボールの真似と思われるシュートフォームを披露した。

ロンゾ・ボールの父であるラバー・ボールがジェイムスの息子の将来に言及したため、これに応じたものと思われたが、ジェイムス自らこの報道を否定したようだ。

ジェイムスによると、ロンゾ・ボールのシュートフォームと思われたものはジェイムスが15歳の頃から続けているという。ジェイムスのコメントをthescore.comが伝えている。

「あれは間違ったレポートだ。俺は試合前にアシスタントコーチと戯れてただけ。あのショットは15歳の頃からやってるからね。事実をストレートに伝えてくれ!」

なお、レポートが出た当初、ロンゾ・ボールはこう話していた。

「何も問題ないよ。俺の大好きなプレイヤーだし、彼を見て育ったからね」

ただ願うのは、ジェイムスとロンゾ・ボールの関係にラバー・ボールが介入しないことだけだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA