ジマー・フレデッテ NBAチームからのオファーを断る

【スポンサーリンク】

2011-12シーズンから2015-16シーズンまでNBAで過ごしたジマー・フレデッテは今季、中国リーグの上海シャークスでプレイした。

そのフレデッテに対し、中国リーグが終わったと同時に複数のチームが10日間契約をオファーした模様。

だが、フレデッテはすべてのオファーを断った。

The Post-Starによると、フレデッテはNBAでハードな時間を過ごすより、妻と新しく生まれた娘と共にゆっくり過ごすことを選んだという。

上海シャークスはフレデッテとの再契約を求めており、さらに中国のスニーカーメーカーと34万5000ドル(ボーナスとして別途30万ドル)の契約を結んでいるのだから、金銭には困っていないのだろう。

とはいえ、2011年のドラフト10位指名でリーグ入りしたフレデッテには、またNBAで復活のチャンスを掴んでもらいたい。

なお、フレデッテはNBAキャリアを通してサクラメント・キングス、シカゴ・ブルズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、ニューヨーク・ニックスでレギュラーシーズン通算235試合に出場し、平均13.4分のプレイで6.0得点、1.0リバウンド、1.4アシスト、FG成功率41.2%、3P成功率38.1%、フリースロー成功率87.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA