アイザイア・トーマス 妹の葬式でシリーズ第2戦欠場か?

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのオールスターポイントガード、アイザイア・トーマスは、前日に22歳の妹を交通事故で亡くしたにもかかわらず、シカゴ・ブルズとのプレイオフ・ファーストラウンド第1戦に強行出場した。

試合前にはベンチで涙を流し、エイブリー・ブラッドリーらチームメイトたちが励ます様子が見られたが、エースとしての責任感からか、トーマスは33得点を記録し、チームを牽引。

試合には敗れてしまったものの、トーマスのパフォーマンスには惜しみない拍手を送るべきだろう。

だが、第2戦は欠場する可能性が出てきた。

セルティックスによると、トーマスは妹の葬式に参列するためシアトルに戻り、第2戦に出場できない可能性があるという。

ブラッド・スティーブンスHCはトーマスについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「どんな形であれ、我々は彼を助ける。彼がここに留まりたいなら、我々は彼に寄り添うだろう。彼がシアトルに戻りたいなら、彼はシアトルに行くべきだ」

スティーブンスHCはトーマスに対し、チームと共にいるか、それともシアトルに戻るかいつ決めても良いと伝えたという。

最愛の妹を亡くしただけに、トーマスにはじっくり心の傷をいやしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA