レイ・アレン「メンターになるよりプレイしたかった」

【スポンサーリンク】

リーグ屈指のシューターとして活躍したレイ・アレンは、昨年11月に現役を引退した。

タイトルを狙えるチームとの契約を求めて所属先を探していたアレンだったが、現役から長く離れていたことと年齢が影響し、現役続行を断念。

複数のチームからオファーがあったものの、どのオファーもアレンが希望するものとは異なっていたようだ。

当時を振り返ったアレンは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「もらったオファーのほとんどは、ベテランとしての役割を受け入れ、ベンチに座って若手のメンターになるものだった。それは大好きなことだし、自然なこと。だけど、俺はプレイしたかった。コートに出て、十分な出場時間を与えてもらいたかった。それが可能かどうか分からなかったんだ」

また、ここ数年で多くのチームが取り入れだしたスモールバスケットボールについては、こう語った。

「見てて楽しい。ゴールデンステイトだから、クリーヴランドだからってだけじゃなくてね。トロントもやってるし、フェニックスもやってる。ミルウォーキーもやってるし、他にもたくさんのチームがそれを取り入れてるよね」

「俺がミルウォーキーでプレイしてた時、チームはそれを取り入れてた。だけど、いつも批判されてたよ。スモールボールでは勝てないってね」

アレンによると、スモールボールでプレイしている今のNBAに妬みすら覚えているという。

今後はトップシューター目線での解説にもチャレンジしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA