タリク・ブラック フロントオフィスとの話し合いは「スペシャルだった」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのタリク・ブラックの契約は来季まで残っている。

だが、保証された契約ではないため、再建中のレイカーズがブラックに見切りをつけ、他のプレイヤーを獲得する可能性も否定できない。

そんな中、ブラックがレイカーズのフロントオフィス陣を話し合いを行った模様。ブラックのコメントをinsidesocal.comが伝えている。

「すごくスペシャルな話し合いだった。本当に話し合いだった。ここに座らなかったら、どんなストーリーが描かれてるのか分からない。真実を知ることができた。だけど、NBAはパッションであり、バスケットボールであり、ビジネス。それは避けられないよね」

話し合いにはマジック・ジョンソンやロブ・ペリンカGM、ルーク・ウォルトンHCが参加したという。

シーズン終盤のレイカーズはスモールラインアップを展開し、ブラックはセンターのポジションで起用された。

だが、ルーキーのイビチャ・ズバッツに成長の跡が見られたため、ブラックのポジションがどうなるかは分からない。

現時点では来季もレイカーズでプレイすると予想されるが、ブラックはFAシーズンが終わるまで気が休まらない時間を過ごすことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA